我がPCXは斯く走れり!

愛用中のPCX150SEのカスタムや整備及びツーリングをテーマとしています。

クラッチと関連パーツ交換

みなさんこんにちは。
以前にアドプロのクラッチとアウターを購入して、クラッチスプリングを純正に交換する記事を記載しましたが、この度やっと交換しました。
時間がかかった理由は2つあって、クラッチナットがめちゃ固く現在の39mmのソケットではまったく微動だにしなかった事と、ケースカバーの一番長いナットが所有のディープソケットでは長さが足らず、なめてしまったことが原因です。


対策としては、ナットのほうは専用のめがねレンチを購入して、これをナットにはめて地面にたたきつける方法で緩めました。
この方法はネットで諸先輩方が採用している方法で、インパクトレンチの無い場合はこの方法しか外れませんでした。


上記は購入しためがねレンチです。


ディープソケットは、PCXの場合は標準のディープでは確実に長さ不足です。
したがってさらに細くなった部分が長いディープソケットが必要なのですが、これがなかなかありません。
コーナンのディープソケットセットでやっと見つけて購入しました。


右がPCX用のメンテセットに同梱されていたディープソケットで、左が今回購入したソケットです。
このように、細い部分が長くないと締めも緩めもボルトをいためるので、あらかじめ準備しておくことをお勧めします。


さて、実際に駆動系の外しですが、もう何度も行っていうので5分くらいで外せます。


以前と変わっている点は、ウエイトローラーをアドプロの新型にしています。
先週末に駆動系の洗浄を行いました。
ベルトを純正にしました。
一時期ウエイトローラーを16g×3と17g×3にしていましたが、出足が悪くなったので戻しましたが、その際に新型に交換したわけです。


純正のクラッチアウターを外して、めがねレンチを使って地面にたたきつけて緩めた状態です。
概ね120度くらい緩まっています。
この状態でプーリーコンプレッサーを使って固定してからナットを外しました。


ピローンとバネが飛び出るので注意です。


スプリングは新品のほうが若干長いようです。


さて、今回の目的のひとつであるベアリングスライダーです。
写真のようにベースをトルクカムにはめてベアリングを並べます。
グリスはいらないようですがベースとカバーにめちゃ薄で塗っておきました。


クラッチスプリングは、キックダウン効果に影響します。
よく5%強化なんてスプリングが売っていますが、強化物をつかっても速くなるわけではありません。
逆に遅くなることのほうが多いのです。
エンジンのパワーがボアアップなどによってあがった場合、ベルトがスリップするのでこれの対策として利用するものですので、ノーマルでは逆効果なのです。


ベアリングスライダーはスプリングの捻じれを開放してくれますので、部品への負担軽減や、最加速時のフィーリング改善の意味で導入しました。


さて、アドプロのアウターも取り付けて組み付けます。


走行レビューはまた行いますが、確実に音が変わりました。
また、クラッチインは狙い通り3500rpmで、純正よりスパッとつながる感じです。


是非、こう参考になさってください。

SONYアクションカムHDR-AZ1を購入しました。

私事ですが、数日後に九州にツーリングを兼ねて出かける予定です。
また、別の機会にレポートはさせていただきますが、記録を残すためにアクションカムを購入しました。


昨今、GOPROの影響でこの分野のカメラが脚光を浴びています。
私自身、amazonnで出ている10,000円以下の中華カメラも検討しましたが、いかんせん品質がだめだめで、修理とかも問題ありそうでした。


そこで、エルモやソニーや探していると、新古品を見つけてウォータープルーフケースがついて2万円を切っていたので購入しました。


ベースは2種類あって平面用と曲面用です。
本体のみで生活の防水機能はあるようで、その場合のマウントは右の棒のようなものを本体の下に取り付けてマウントします。


給電録画は可能ですが、給電録画+充電はできないようです。


全長5cm厚さ2cm高さ2.5cm程度でしょうか・・・・とにかく軽いです。

ウォータープルーフケースに入れてみました。
この場合USB接続ができないのでバッテリ駆動のみとなります。


実のところ、同社のレンズカメラを所有しており、アクセサリーも共通なのでこれに決めたのが大きな要因です。


早速テスト動画を作ってみました。
此花から咲洲トンネルを越えて南港まで映像です。
編集ソフトでテロップやBGMも入れてみました。
以前の動画と比較してみてください。
格段に良くなっています。



HONDA純正部品


HONDAの純正部品の入手は、指定の物が2りんかんなどで在庫が無い場合が多く、いちいち取り寄せになる場合がほとんどです。
今回、クラッチセンタースプリングとドライブベルトを探していましたが、やはり指定の型番のものはありませんでした。
そこで、登場なのがモノタロウです。



部品の品番さえ判明すれば、消耗品の入手は可能なようです。
ただし納期が概ね5日程度となります。


品番は下記のサイトで検索可能で、ここで品番を事前に調べてから、モノタロウで検索して該当があれば発注できます。




英語サイトですが、普通に利用可能です。


今回は、前述の2つのアイテムを発注しており、今日無事に到着しました。


純正部品が必要な場合は利用してみてはいかがでしょうか?
価格も、一般的な普通の価格でした。

アドバンス・プロのクラッチ&アウター


アドバンス・プロのクラッチ&アウターを買ってきました。
最初に、アドバンス・プロ(以下アドプロ)が大阪にあるために、会社まで行って直販してもらおうと訪問しましたが、なんと在庫が無く欠品でした。
しかたがないので、2りんかんにてベアリングスライダーとともに購入しました。

写真の下は純正のクラッチスプリングです。


今回、クラッチとアウターを交換して、ついでのセンタースプリングとベアリングスライダーを組み込むつもりです。


クラッチスプリングは、アドプロのものはバネレートが強いのでクラッチインが1,000rpmほどあがるようなので、これを現状を維持するために純正に置き換えることとしました。

このように、Eリングを外してプレートを外すとスプリングにアクセスできます。
専用工具を使って外します。

左がアドプロで右が純正です。
巻が純正のほうが一巻き多いようですね。

交換完了です。
これで、クラッチインの件は解決でしょう。

これはベアリングスライダーです。
センカンダリー側で、センタースプリングが捻じれるのを防止する台座です。
右は、バネの脱着用の工具です。


センタスプリングがKF18用の純正が入手できていないので、ここまでの順位作業を行いました。


センタースプリングはよく強化10%とかありますが、つければ早くなるような印象をもって買って使ったら大失敗しますよ。


本来、強化センタースプリングは、キャブをフォルツァ用の口径の多きものに変えたとか、ボアアップしたとかでエンジンのパワーがあがった時に使いべき物でしょう。
キックダウン後の加速がほしくて変える場合もありますが、それでも3%くらいが限度のように思えます。


ノーマルエンジンの場合はノーマルのセンスプを選ぶ事をお勧めします。





実家の愛犬のご紹介

今回は志向を変えてペットネタで記事を書きたいとおもいます。
私事ですが、現状一身上の都合により実家を離れて大阪の賃貸マンションで暮らしております。
一昨年の6月までは、阿波座のワンルームで暮らしておりましたが、古い友人が実家で妹とそりが会わなくて出たいとの事で、ルームシェアを行うこととなりまして現在のマンションに住んでおります。
したがって、実家に帰るのは祭事の時だけか所要があるときだけ実家に帰るような状態なのです。


実家には妹が一人で住んでおり、以前は犬が4匹いましたが、現在は1匹が亡くなって3匹となっています。


その実家ですが、私が言うのもなんですが綱吉一家なのです・・・・
つまり、生類憐みの令が出っ放しで、人が虐げられる家なのです。
具体的には、私が実家に住んでいた時ですが、当然仕事をして実家に帰宅するわけですが、「あー腹減った!」といって冷蔵庫を開けると、人間の食べ物はほとんど無く、犬の食べ物ばかりです。


犬を可愛がる事を否定するつもりはありませんが、限度を過ぎるといかがものかと考えさせられました。
私が、実家を出た理由の1つであえいます。


それでも、私も犬を好きなほうなので、実家に帰ったら遊んでやりますよ。


では、紹介させていただきます。

キャバリア ブレンハイムの「アッシュ」です。
通称バッタン
昔は、ビビリ犬でしたが、最近はよその犬に難癖を付けるチンピラ病が発病したようです。
でも、基本やさしい奴です。

キャバリア ブラックタンのチェルナです。
通称チェちゃん。
昔は、他の餌を盗み食いしたり、ドックカフェでよその子のおやつを取ったり素行の悪い奴だったので、私は「悪サーブラッキー」と呼んでました。

ペキニーズのシュニーです。
通称毛むくじゃらです。
ちんまいくせして自己主張が強い暴れん坊です。
先日、ペキニーズの集まりに行ったそうですが、よそのペキニーズはシュニー以上の暴れん坊が多かったようで、ドン引きしていたようです。
あんなり、周りに迷惑ばかりかけるようなら「習近平」の別名を付けようか検討中なので・・・・


アッシュが着ているネタの犬服です。
「おい飼い主!
大型犬が飼いたかったんだって
お隣さんに話してるの聞いたぞ!」って書いてます。