我がPCXは斯く走れり!

愛用中のPCX150SEのカスタムや整備及びツーリングをテーマとしています。

MICHELIN CITY GRIPに交換

我がPCXも納車後8ヶ月となりますが、走行距離が12,500kmとなりました。
タイヤの状況については、毎度確認を行っており異物や傷などの確認は行っておりますが、2月の末の段階でリア側のスリップサインが出始めていることがわかっていましたので、この度交換を行うこととしました。


PCXの125(JF58)150(KF18)ともにIRCのタイヤが純正となっていますが、このタイヤの評判がすこぶる悪い。
実際に、使っていた感想としても良いとは評価できないのです。
その要因としては、とにかく滑るんですね。
ドライな路面でも山道などの荒れた状況で滑った経験もありますが、特に酷いのは雨や雨上がりで、マンホールや橋の継ぎ目などでの鉄でミューの低いとことでトランクションをかけるとズルッといきます。
これまでに5回ほどズルッとなってはっとした経験があります。


私の場合、特に急加速や急発進を行うこともほとんど無く、一番燃費が伸びる方法として、発信時は4,500rpmに保ってその後徐々にスロットルを空けて5,000~6,000rpmで巡航します。
そんな、おとなしい乗り方でもズルッと行くのはちと問題と感じていたわけで、早々に前後を交換することにしました。


PCXのタイヤの選択肢としては、下記のような選択肢があります。
・BRIDGESTONE BATTLAX SC
・IRC SCT-001 MOBICITY
・DUNLOP RUNSCOOT D307
・MICHELIN PilotStreet
・MICHELIN City Grip
上記の中で、IRCは初めから除外するとしてMICHELIN CITYGRIPを選択した理由としては、ドレットパターンの細かさです。
CITY GRIP以外はIRCのパターンと大差の無いパターンで、IRCを基準とするならばさほど変わらないであろうと考えたわけです。
CITY GRIPだけが、多くのパターンが入っており接地面からの水の排出に効果が大きいと判断しました。
いろいろネットなどで調査を行っても、CITY GRIPの評価はかなり好評でした。


まよったのは、amazonでポチるか直購入するかでしたが、タイヤという要の消耗品なので2りんかんで交換を行うことにしました。
幸い、ウェブ会員10%割引が指定店舗でありましたので、大東2りんかんまで出向いていきました。
最寄の住之江は、先週の段階ではCITY GRIPの在庫すらない状態でした・・・・

インプレッションなどは今後の機会があれば行いたいと思います。