我がPCXは斯く走れり!

愛用中のPCX150SEのカスタムや整備及びツーリングをテーマとしています。

ウインドスクーリーンの取り付け

前々からウインドスクリーンについては取付を検討していましたが、先々週に鳥取まで走った際に自動車専用道路を利用しましたが、速度が80キロ以上ではハンドルにしがみついて風圧に耐えるような状態になり、非常に疲れ事を改めて認識しました。
でっ、この度スクリーンを取り付けることにしました。


PCXのスクリーンは、各社様々な製品がリリースされています。
現在のマルチメーターの位置をパネル上の中央に移設を検討している都合上、マウンターに余裕がある純正を選択しました。
純正の評価は値段は高いが機能はバッチリとの事でしたので、上記の理由を含めて純正を購入しDYIで取り付けました。


ノーマルのカウルから50センチ程度アップします。


ミラーがスクリーンに干渉するので、オフセットするパーツが同梱されていますが、私はこれを使用せずにTANAXのミラーオフセッター45を利用して、手前に置くセットしました。

シャークミラーの角度をスクリーンに干渉しないようにセットして、左右バランスをとって取付を完了しました。


早速、阪神高速湾岸線でテストしましたが、これが思った以上に効果絶大でした。
100キロ以上の走行でも、しがみついていた腕の力が抜けました。
中速域と同様に無駄な力が抜けて、非常に楽に高速走行が可能となりました。


以前は、高速道路を1時間走るとメチャクチャ疲れましたが、まったく疲労を感じなくなりました。
淀川左岸線から柳原までの距離ですが快適になったので、オッサンくさいとかいろいろいわれますが実用第一として考えれば、同様にJF56やKF18のオーナーさんにはお勧めしたいと思います。