我がPCXは斯く走れり!

PCX KF18のカスタムやツーリングを記事にしています。

愛用中のPCX150SEのカスタムや整備及びツーリングをテーマとしています。

BAIKERS キャリパーガードの取り付け

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
3月3日は桃の節句ですが、チョンガー貴族の私にとっては無縁のイベントです(汗)


今回の記事は、BAIKERSのキャリパーガードについてです。
当方マンション住まいのため駐輪場にKF18を置いておりますが、軽二以上は年間2万円の費用がかかります。源二で1.2万で源一で0.8万だったように記憶しております。
チャリは0.2万なのですが、このチャリ連中の作法が最悪なのです。
バイクは特定の場所にがぎられていますが、チャリどこでもおき放題の無法状態です。
しかも、風で倒れますのであたったら私の愛車のカウルにダメージが起こるには目に見えています。
そこで、6ヶ月前に管理会社に何とかするように伝えましたが、途中から入ってきた連中や退去した連中のチャリが放置状態でチャリが増える一方なので、2月末をもって処分を行った後に対策を検討するとの事でした。
今日確認したら、一部は処分したようなしていないような微妙な感じでしたので、そろそろ頭にきたので週明けにはぶちきれる予定です。


先日、風の強い日がありましたが、あんのじょうチャリが倒れてぎりぎりの状態でした。
パイロンを2本たててガードしてますが、キャリパーに危険が及びそうな倒れ方でしたので、自己防衛のために今回キャリパーガードをつけたしだいです。


付けるとなると、いろいろ考えるのが私の習性でエンヂュランスのものは製品的にはいいのですが高価すぎと判断し、結局BAIKERSを選択しました。


BAIKERSはタイの部品メーカーで、結構良いものを作っているメーカーで日本ではエンヂュランスが代理しているようです。


専用部品と言うことで、全く問題なくつきました。
ボルトは30Nmの規定値で締め付けています。


視覚的なアピールは二の次なのですが、これでキャリパーの直接破損は防げそうです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。