我がPCXは斯く走れり!

PCX KF18のカスタムやツーリングを記事にしています。

愛用中のPCX150SEのカスタムや整備及びツーリングをテーマとしています。

POLINI MAXI HI-SPEED ファーストインプレッション

以前記事にさせていただきました、POLINI9通称ポリ9がやっと届きました。

このキットですが、プーリー、ランプレート、ウエイトローラ、センタースプリング、プーリーボス、スライドピース、モリブデングリスのセットになっています。
ここで、問題が発生です。
モリブデングリスは成分表が添付されていませんでしたので、通関出来ませんでした。
このプーリーキットでは、ボスとプーリーの接触面にモリブデングリスを充填するようになっており、さらにボスとシャフトの間にも充填する様に記載がありました。
もし、今後購入を考えておられる場合は、このあたりは注意が必要です。


さて、純正との比較をしてみました。

左が純正で右がPOLI9です。
明らかに大きいですね。
通常の流通しているもので120mmが最大ですが、こいつは125mmあります。
相当でかいですね。

左が純正で右がPOLI9です。
純正はWRが6個ですが、PLI9は9個です。
ちなみに、WRのサイズはシグナスと同じサイズです。

ランプレートですが、9ローラー様に9面あります。

スライドピースは、大きさは純製と変わりませんが、溝の部分が純正より大きくなっています。無理やり純正や純正型プーリーのスライドピースを使う場合は若干の加工が必要です。


ボスは純正タイプより太く互換性はまったくありませんので、完全専用となりシムもサイズが合うものが入手可能か不明です。


セッティングの予定としては、POLI9の場合WRが9個なので1個当たりは軽くなります。
純正が18g×6で108gとなり、9個に置き換えた場合12g×9になります。
現在、私のセッティングは17g×6で102gですので、16g×6の96gから102gのレンジを最初の目標としたいと考えています。
ちなみにキットのWRは9.3g×9で83.7gですので、早めに中速以降早めにハイキギヤになってほしい私としては軽すぎるのと、センタースプリングが概ね10%以上の反発力があるので、ローギアで引っ張る形になる可能性が大きいと想定できます。


したがって、PLI9を使うにあたってはアドプロのシグナス用WRを10gと11g を2セット購入してあたりを付けたいと考えています。


9個もWRがあるので3つ単位で複合する方法もあります。
これも試してみたいと思います。


目標値は、5500rpmの回転キープで60Km安定が第一チェックで、75~80Kmで変速終了、その後回転に対してリニアに加速して125Km くらいで良いかなって思っています。


おって、レポートさせていただきます。


私も、ついに変パーツに手を出してしまった、立派な変態人になってしまったのでした。



特殊な選択肢としてはDrプーリーのWRも考えられますが、この辺は後からの検討材料します。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。