我がPCXは斯く走れり!

PCX KF18のカスタムやツーリングを記事にしています。

愛用中のPCX150SEのカスタムや整備及びツーリングをテーマとしています。

リアブレーキシューの交換

みんさまいかがお過ごしでしょうか?
随分気候も良くなってまいりました。
梅雨に入る前に少々遠出もしてみたい気分ですが、その前にブレーキの保守を完了させなければなりません。


自動車でもバイクでも同じですが、ブレーキは最も重要な部分ですので必要なときに必要な分だけ制動がかけられる状態を維持する必要があります。
ブレーキを引きずっている自動車やバイクをまれに見かけますが、そういうのは論外です。
自損事故ですめば良いですが、他者に迷惑をかける可能性も考慮して点検と整備を行うように心がけたいものです。


さて、長々と前説をしてしまいましたが、我がKF18はリアはリーディングトレーリングです。
整備点検のことを考えるとディスクがありがたいのですが、FK30も国内仕様はリーディンギグトレーリングですので、インドネシア仕様を仕入れない限りPCXではリアディスクはお目にかかれないのが現状です。


この、ブレーキシューを交換するためにはホイールの脱着が必須となりますので、おのずとマフラーも脱着が必須となる訳です。


過日、マフラーをBRAMS CORSA EVOⅡに換装しておりましたが、当該マフラーが3ピース構造のためマフラー本体と2段目のエキパイを外すことでホイールの脱着が可能となりますので、非常に助かりました。
純正や2ピース構造ではマニホールドのナットを外さないと該当部分のエキパイが外れないために、自動的にガスケットの交換も必要になるわけで、これが無いだけでも助かったと判断できます。

マフラー本体と2段目のエキパイ、そしてスイングアームを外してリアサスのボトムも外した状態です。
アクスルナットの硬いこと硬いこと・・・・
こういう場合はインパクトがほしくなりますね~

ここから、泥除けをこてしているネジ2本をヘクスレンチで緩めます。
狭い部分なので、小さいレンチがあれば便利でしょうね。

ホイールを外しました。
いやー汚れてギタギタですね・・・・


まずはホイールをクリーンナップしました。
中心部分にはベアリングがありので、ウエスでマスキングしてパーツクリーナーで洗浄します。
細かい部分は、ウエスのパーツクリーナーを吹き付けてふき取ってゆきます。

いやーさっぱりしました。


で、ブレーキ側です。

シューを外したら、やはりギタギタです。


こちらも、中心部分とシャフトをマスキングして、パーツクリーナーで洗浄しました。

きれなったやんけ!
さっぱりしました。
シャフトはCRCを吹き付けてふきあげておきます。
ブレーキをかけるピンとカム部分は新たにグリスアップを行いました。


ところで、シューの減り具合ですが・・・・

6分山を残してって感じでしょうか。
やはり、エコなおっさんライダーの乗り方はブレーキに優しいようです。


そして、新しいシューを組み付けました。


マフラーを外したので、こちらも磨き上げました。


そして、逆手順でくみ上げます。

アクスルナット 24mm・・・・・118Nm
リアサスボトム 12mm・・・・・ 22Nm
スイングアーム 14mm・・・・・ マニュアルに載無 マークから推測すると28Nm程度
泥よけ 5mmへクス・・・・・・・適度の強度20Nmくらいかな・・・


リアアクスルナットを外す場合ホイールが供回りするので、サイドスタンドを立ててやる場合もあるようですが、私の場合ブレークロックでロックして外しました。


前回、2りんかんでCITY GRIPに交換しているので、インパクトで締め付けていると覆いますが、メチャクチャ硬いです。
結局、足で体重をかけてやっと外れました。


締めるときも、所有しているトルクレンチが108Nmまでしか対応していなかったので、そこまで締めて追加で30度くらい増し締めしました。

すべてを組み付けて完了となりました。


普段、ふき取れない部分もこの際ですので、ふきあげておきました。
すっきりしましたね。


では、またの記事でお会いしましょう。







ラフ&ロードのスクーターフロントバックインプレ

みなさまいかがお過ごしでしょうか?
かなり暖かくなってきましたが、本格的なツーリングシーズンを前にして、積載量アップのアイテムを購入しました。
GIVIのパニエケースを所有しているのですが、カウルにダメージが出るので最大積載が必要な場合のみに限定しています。
トップボックスに加えてみやげ物などを積載できる部分があればと考えて、今回ラブ&ロードのRR9218 スクーターフロントバッグを購入しましたので、インプレしてみます。

このようにシートフロントカウルの間に置いてベルトで固定するもので、容量は13リットルです。
大きなものは入りませんが、ヘルメット一個分程度の容量です。
フットボードのビスにフックを付けるか、車体下を回して固定するかの2つの選択肢がありますが、ボディーに穴加工などは避けたいので小さなステーを使ってフックを付ける予定です。

右側には取り外し可能なドリンクホルダがあります。
これは便利そうです。

上部にはタブレットやマップを入れれるスペースがあって、角度調整が可能です。
タンクバックの深のって感じですね。
この部分は給油以外はデットスペースなので、日帰り宿泊を問わず使えそうです。


ただ、ちと高いのが欠点でしょうか・・・・


また、本格的に利用したときに正式インプレさせていただきます。
では、またの記事でお会いしましょう。

フロントブレーキのパット交換とクリーンアップ


みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
前々から考えて部品のみを購入しておりましたブレーキ関連のメンテナンスをフロントのみですが行いました。


交換するのはSBSのシンタードを準備しました。
写真は面取りを行った状態です。

外したNISINのパットです。
山は半分以上残っていますね。
急ブレーキをほとんど使わないおっさんライダーは、このあたりも環境にやさしかったと自覚しました。
とは言いつつも、ブレーキは最も重要な部分なので2.5万キロも走ったので2年を前にクリーンアップとパットの交換を実施したわけです。

外した状態ですが、ライニングにダストがてんこ盛りでした。
今回はピストンを外しませんので、ギタギタに汚れたパットを外して早々に水洗浄からスタートです。


まずは、ピストンを力技でウエスをかけて押し戻します。
メチャ力が要ります・・・・
そして、そこに入っている銅のクリップをは外します。


ここから、水スプレーでブラシを使って洗浄します。
落ちないときは、パーツクリーナーをウエスに吹き付けて使ってください。
中性洗剤は成分が残らないようにするには、水洗いが相当必要なのでやらないほうがいいと思います。


キャリパーを外す場合は、思い切って全て洗浄してピストンやゴムリングも交換したほうが良い様におもいます。


洗浄が終わったらパットを仕込む前に前後のレバーを握って、ピストンを出します。
出た部分に麺棒などでシリコングリスを塗りつけて、また力技で戻しておきます。

うーんきれなったやないか!
この後組み付けて終了となりました。


前日に、「くいだおれライダー」さんが、何やら面白いドレスアップパーツをヤフオクでゲットされたとの事で、取付に起こしになられてました。


お聞きすると、下記のセットをゲットされたようです。
すべてBAIKERSの製品でした。
タンデムステップ ¥11.988
マスターシリンダーキャップ ¥4,752
アジャスタンブルブレーキレバー ¥8,100
ドラムブレーキアジャストナット ¥2,916
上記の価格は新品ですが、¥27,756となりますので、これを1万円程度であれば非常に良いお買い物をされたと思いました。
見たところ若干の使用感はありますが、きれいに使われていたようなので大きな傷なども無いようななので品物としてもお得なお買い物だと思いました。


最近はヤフオクから遠ざかっておりましたが、今後はチェックする必要がありそうです。
良い勉強をさせていただいた気がしました。


この記事を記載している4月8日には、リアのシューも交換するつもりでしたが、アクスルナットが24mmと判明し、手持ちが22mm までしかないことがわかりましたので、作業を次週以降に持ち越すことにしました。
また、記事にさせていただきます。


それでは、次回の記事でお会いしましょう。

日帰りツーリング小浜・舞鶴

みなさま、いかがお過ごしでしょうか・・・
先日までは結構寒い日が多かったのですが、ここにきてかなり暖かくなってきました。
今回の、記事は「くいだいれライダー」さんとともに3月24日に小浜へ出かけました。
「くいだいれライダー」さんが舞鶴の海自基地の見学をご希望でしたので久しぶりに舞鶴も訪問となりました。


さて、池田のセブンイレブンで待ち合わせをして、ご希望だったKOSOのマフラースライダーを「くいだおれライダー」さんの愛車に付けさせてはいただきました。
「くいだおれライダー」さんのマフラーはBEAMS SS300ですが、これは私が以前使っていたものをクリーニングして引き取っていただいたマフラーです。
その節はお世話になりました。


取付を行おうとするとマフラーバンドが干渉することが発覚して、急遽付属の10mmのカラーを2つ入れて干渉を避けてつけさせてはいただきました。
いや~自分が使っていたマフラーでも、想定できませんでした。
「くいだおれライダー」さんすみませんでした。
取付を終えて池田を出発し一路小浜にむけて出発しました。


途中ライダーが多く対向車線をすれ違いますが、やはりPCXのおっさんにはヤエーはいただけないようで、少々寂しい気分です。
おっさんでも、バイク好きですよ~!ってアピりたんですよ。
とはいいつつ、みてくればそのように見えないようですね。


そうこうするうちに小浜到着です。
まず、ランチはフィッシャーマンズワーフ近くの「こだま食堂」さんにおじゃましました。

ここでは、「くいだおれライダー」さんお勧めのわらじカツに挑戦です。

はみだしてえらいことになってます。

蓋を取ってみました・・・
厚さはさほどでもありませんが、とにかくデカイ!


地元では有名なお店で、お客さんもウエイティングになるくらいです。
ライダーも多く来てました。


参考までにメニューです。
わらじかつは、なんとか完食できました。
ご飯の量はさほどでもないので、普通の人でもいけそうですよ。
やはり蕎麦はうまいですね。


しかし、おなかがいっぱいになってしまうのでは間違いないですので、どこかで別のものを食される方は、量の調整をお勧めいたします。



さて、その後小浜のNTT近くの「伊勢屋」さんを訪問しました。

こちらは、「くいだおれライダー」さんの奥方がカフェオレ大福を御所網とのことで立ち寄らせていただきました。


イートインスペースがありますので、買ってその場で試せます。
また、コーヒーやお茶も無料で振舞われています。
夏のくずもちが人気のようです。


私は、よもぎ餅をいただいました。
最近、スーパーのものを買ってましたが、草の香りのするのは久しぶりにいただいたように思います。
あんも、ざっくりした歯ごたえのある粒餡でいけました。
和菓子店は大福かよもぎ餅で大体わかるんですよね。



この後に一路舞鶴に向けて移動となったわけですが、途中地元のスーパーで焼き鯖寿司を3つゲットしました。


シャリはさておき、価格の割りになかなかいけました。
私は、若廣のものを買っていましたが、地元民の味もなかなかいけますね。


そして、海自基地のまえです。
見学は2:45受付終了で、3:00退場となりますが、到着が2時過ぎでしたので大急ぎで入場して見学しました。


ちょうどDD117「すずつき」の入港中作業中で、タグボートで180度回頭中でした。


残念ながら、DDH181ヘリ母艦「ひゅうが」とDDG177「あたご」は不在でした。
前回、アップグレード中だったDD175「みょうこう」もみれました。

ただし、イージス艦は岸壁からはなして停泊してました。
ま~機密の塊なのでごもっともなお話です。


DD151「あさぎり」DD118「ふゆづき」DDG175「みょうこう」の3ショットです。


うーん旭日旗は艦船ににあいますね。

こちらはミサイル艇PG824「はやぶさ」とPG826 「くまたか」です。


じっくりご覧になりたい方は、午前中に行かれることをお勧めいたします。


この後、帰路についたわけですが、燃費が概ね50Km/lでていたので、無給油で帰阪できると読んでいたのですが、思った以上にメータの残量があいまいでアクシデントとなってしまいそうでした。


KF18の燃料計はバーが9つで表示されています。
最後の1本が点滅し始めたら概ね1ℓを切っている状態ですが、直ぐにガス欠とはなりません。
ただ、点滅して50Km以内にGSが無い場合は前もって給油を行うことが安全でしょう。


今回、「くいだおれライダー」さんの愛車が点滅から50Km以上走行しており、いつとまるか解らない状況になってしまいました。
悪いことに国道173号線は土砂崩れの復旧のため迂回となっており、この条件も燃料を消費してしまったと考えられます。


途中、2人で検討した結果、迂回道路をすなおに豊能まで抜けて概ね8km先のGSを目指すということにしました。
ひやひやしましたが、何とかGS到着して事なきを得ました。


私の給油量は7.24ℓで残が概ね0.7ℓでした。
「くいだおれライダー」さんはタンクの基準を超えて給油をしてはいますが、なんと8.2ℓの給油りょうでした。
これは、相当ヤバイ状態だったと推測できます。


PCXは燃費が非常に優秀ですが、燃料が無くなったら走りませんのでロングラン時には給油のタイミングにはご注意ください。
とくに、地方はGSが夜はやっていないし、無い場合もありますので早めは早めを心がけましょう。、


では、またの記事でお会いしましょう。

2018大阪モーターサイクルショー見学!

みなさまいかがお過ごしでしょうか。
昨日3月16日より大阪モーターサイクルショーが開催されておりますので、本日3月17日に見学に行ってきました。
目的は、PCXの2018年型を見学することが主たる目的です。
昨年は、南港インテックスの横を通過して和歌山方面に出かけておりましたが。
今年初めて見学に行くことにしました。


前日、にローソンで前売り券を購入しましたが、15日までに購入したら300円安かったのですが、失敗しました・・・



さて、第一駐車場は、バイク専用とされており300円を徴収されました。


さすがにバイクだらけです。

続々と入ってきます。

いざ入場です。
今回は2号館と3号館で実施されています。
再入は手にスタンプを押してもらって再入場となります。

タイのTシャツブースです。
サバイディーカップ!

こんなのもありました。
どんだけマフラーいるねん!って突っ込んでしまいました(笑)


TOMY TOY'Sのブースです。

MORIのブースです。

MOTULのブースです。

ベッピンさまアップ!

B-COMのブースのベッピンさま

Vesrahのブースです。
ここで、前回シンタードについて一発ヤカラを入れてやろうかと思いましたが、大人気ないので止めました。

アップです。
さてさて、ここから本番です。

まずはEVです。
リアの作りが全く違いますね。
ホイール周辺もすっきりしています。

続いてハイブリットです。


以上2つはシートにバッテリーを搭載するためにラゲッジスペースはありません。


そして2018PCX(125)型式は

上記のようにJF81となるよようです。
150はKF何番になるのでしょうか・・・・

フロンタイヤはミュシュラン専用設計で14インチの100にアップされています。

リアは14インチの120にアップ。


ここで、スケールでホイールの幅を計ってみたところ、フロントで15mm、リアで20mm大きくなっております。
結果、JF56やKF18には移植できないことが解りました。
ちょっと期待してたのですが・・・・・


リアのブレーキはこのJF81はリーディングトレーリングとなっております、インドネシア仕様の150はリアがディスク化されているので、150はわかりませんが125はこの状態で発売されるようです。


ラゲッジスペースは幾分大きくなっていました。

スマートキーは採用決定のようです。
これは移植してみようかな・・・・

メーター周りです。
相変わらずタコメーターは無いようです。
純正のスクリーンはJF56やKF18とは別物です。


ここで、私の愛車のインチアップとリアディスク化は無残に消え去ったのでした(涙)


重要なポイントとして、フレームがアンダーボーンからダブルクレドールに変更になっています。
ダブルクレドールといえば、一昔前のレーサーレプリカで採用されていた形式で、これによってフレームの剛性もアップしているようです。


フォルツァも新型が展示されていました。
以前のようなずんぐり感が取れてスマートなデザインになり、車体も一回り小さく見えます。
このスクリーンはスイッチで高さを変更できる優れもので、雨風対策や速度によって柔軟に対応できるようになっています。
いやーこれも良いですね。


全日本オートバイ協会のブースです。

アップ!

ドリンクのブースでしたどこか失念しました。


なんや!
PCXとフォルツァとおねえちゃんしか見てないやんけ!と突っ込まれそうですが、ちゃんと一通り見てきましたよ。


私のブログは色気が全く無いので、たまにはお許しいただきたくお願いいたします。


では、またの記事でお会いしましょう。