我がPCXは斯く走れり!

PCX KF18のカスタムやツーリングを記事にしています。

愛用中のPCX150SEのカスタムや整備及びツーリングをテーマとしています。

グリップ交換2回目

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。


本日は、前々から交換を検討しておりました、グリップを交換することにしました。
私、DominoのファンでしてグリップはDominoしか使っておりません。


純正からDominoに交換したのですが、レーサータイプを使っていたために硬くて非常に疲れるのと、表面が削れていたことも考慮しました。
今回は同じDominoですがツーリスモタイプを選択して手の疲れの軽減を目指します。


スロットルコーンを変更するなど付加的な作業の無い場合、非常に簡単な作業です。


必要なものは下記の工具等と交換用グリップです。
(1) プラスドライバ グリップエンド取外用
(2) エンドグリップのネジが硬い場合はインパクトドライバ
(3) 上記に使用するプラハンマー
(4) パーツクリーナー
(5) グリップ接着剤
(6) ネジロック財
以上です


まずグリップエンドですが、純正はメチャ硬い場合が多いのでインパクトドライバは必須になるでしょう。
2回目以降はさほどでも無い可能性が高いですので、ドラバのみで外せる場合が多いです。
グリップエンドを外して、純正の場合は細長いマイナスドライバなどを差し込んでボンドをはがしてゆきます。
純正グリップ廃棄の予定の場合は、カッターで気っても良いでしょう。


パーツクリーナーを隙間に吹き込んで、古いグリップを引き抜きます。


引き抜けましたら、接着剤のカスなどをはがします。


その後、脱脂した後にボンドを塗りますが。内側3センチくらいは塗らずにおきます。
その後、新しいグリップにパーツクリーナを吹き込んでさっと差し込みます。
ボンドはチョビットでオッケーです。


エンドグリップを戻して、ネジをとめますが少量ネジにロック財を塗ってからネジを締めて完了です。


上記の写真が左右のグリップですが、上記は今回交換したグリップでそれぞれ下が以前のグリップです。

完了後はこんな感じです。


純正のグリップに不満がある場合は、交換してみてはいかがでしょうか?



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。