我がPCXは斯く走れり!

愛用中のPCX150SEのカスタムや整備及びツーリングをテーマとしています。

マフラーを磨いていると・・・

今回は、これまでの記事とは違う政治的記事です。
今日は、マフラー磨きに1日費やしたような状態でしたが、マンションの駐車スペースで作業を行っていると、共産党のおばちゃんが路地まで入ってきて選挙活動を行っていました。
ま~共産党なので、9条が・・・対話が・・・なんですが、この機会に皆様にご理解いただきたい思いを記事にしてみたいと思います。


さて、衆議院選挙活動が開始されました。
個人的う見解として、今回の選挙で議員になってほしくないのは下記の人たちです。
辻本清美、福島瑞穂、参議院の選挙のときは有田芳生です。
はっきり言って、この人たちの言動は北朝鮮や中国のスパイそのもの感じています。


辻本清美は公職選挙法で有罪となった犯罪者です。
高槻の市民は何故犯罪者を議院にするのでしょうか?
また、森友も問題で発覚した関西生コンという左翼組織との関係から、この人は表向きは良いようなことを言っていますが、日本のことなんかこれっぽっちも考えていないことが印象に残ります。
昨今の、北朝鮮のミサイルに対しても代打的に批判するでもなく、最近は早々に地元で選挙活動を行っているようです。
私が高槻市民ならば、絶対に投票しないでしょう。


福島瑞穂は、いまや大きな問題になっている慰安婦の金学順が日本に来たときに、横からあー言えこー言えといっていた人物で、明らかに国賊と覆えるからです。


今日の共産党のおばちゃんが選挙をやったら600億円かかるなど言っていましたが、国会の審議で議題とは違う質問を行って、時間を使うのは税金の無駄遣いじゃないんでしょうか?


それに、いまだに森友・加計っていってましたが、森友については今や助成金の詐欺まで発展して、詐欺師の話となっている状態。


さらに、加計については加戸前愛媛県知事が国会答弁で証言していたように、なんら違法性の無いことがわかっているにもかかわらず、まだ言ってました。


アホなのでしょうか?



いまや、新聞やテレビに影響されるのは、高齢のかたがたのみでネットで情報を収集する人には、マスコミの変更報道や、リベラルといわれる集団の情報も入っておりその上で自身が何を選択するかを考えれる時代になってきました。



そして、今回の選挙では既存政党は固定の票数を確保すりでしょうが、これに任せてはいけないのです。



国会議員は営業マンじゃ無いです、よく高齢者の人があの人よく来るからとか、来てくれたとか言っていますが、そういう低俗な選択のしかたは絶対に批判します。


国会議員は地域を豊かにする人でもないのです、国の立法に携わる人なのです。



どうか、入れる人がいないや入れる政党がないと考えずに、ご自分の一番感銘できる候補や政党に権利を行使して投票してください。


主権在民なのです。




マフラーを磨きました!!

以前にもご紹介したように、私のPCX150はマフラーをBEAMSのSS300に換装しています。
私の場合、よく言われるかっこいいとか音が良いなどはなどはどうでもよくて、重量を気にしての換装となっています。
重量が軽くなれば軽快な走行につながるでしょうし、概ねマフラーを交換した場合の傾向として、若干燃費は落ちるが中回転域のトルクが若干ですが良くなるような傾向があるようなので、換装を行った次第でした。


ここ何ヶ月か放置していた結果、マフラーが焼けてメチャクチャ汚れていました。
気になりだしたら、放っては置けない性格なので早速改めてステンのポリシュを購入して、メンテを行うことにしました。


購入したのはK-COMのステンポリッシュです。
DAYTONAのものも買っていたのですが、どこに行ったか見つかりませんでしたので、改めて購入しました。


このように
焼けて虎模様のような状態になっていました。
月1くらいさっとポリッシュをしているとここまではならなかったと思います。
やはりこまめな手入れが楽にこなすポイントなのでしょうか・・・


そして、塗ってはこすってを繰り返すこと2時間以上、やっとそれなりにまともな状態になりました。

しかし、メチャクチャ疲れました。
今も腕が筋肉痛ですよ。


こういったメンテは、若干茶色く焼けたら直ぐに行うべきと再認識した1日でした。






南九州ツーリングレポート 第2章 3項 北里~阿蘇編

みなさんおはこんばんは!
動画を編集していて、前回の記事が時系列が前後していることがわかったので、今回の記事に分割させていただきます。


まずは北里からの動画です。
時間が30分くらいありますので、予めご了承くださいませ。



この辺りは、道路の途中に撮影ビュースポットが数多く設定しあります。

いや~九州ですね!!!

特に阿蘇は阿蘇山がありますので、山並みの風景は良いですね~

フォトスポットの案内です。


このパーキングですは、広島や山口や佐賀など県外からの車もひっきりなしに来てました。
韓国人まで・・・・ここまで侵食されてます。
でも、ゴミも出さずうるさくも無かったので、まともな韓国人御一行でした。


私ことひろさんの珍道中(南九州ツーリング膝栗毛)続きは続編でご紹介いたします。

南九州ツーリングレポート 第2章 2項 由布~北里編

みなさんこんばんは。


マクドでいろいろ検討して情報を収集しまして、由布院から九重町を経由して阿蘇市を抜けて熊本に至るルートを選択しました。
まずは別府から由布院への県道11号線の動画をご覧ください。



新たに購入したアクションカムのクリップマウントの按配がボロボロで、とてもまともな映像が取れていると思えないので、急遽マウンターの換装を行いました。
こちらは、SLIKのまともなマウンターです。



この11号のつながりは、通称「やまなみハイウェイ」と呼ばれています。九州の阿蘇方面特有のツーリングにはもってこいの道です。
こういった道路はTHE九州って感じですね。
そういえば、中学の修学旅行で古の昔にバスで走ったことを思い出しました。


しばらく走っていると、旧駅を発見しました。
似非鉄君としては興味があるところです。

国鉄時代に存在した宮原線の駅舎跡で、この北里は医学博士 北里三郎の出生地として知られているそうです。
昔の駅舎は風情がありますな~



続きは続編でごらんくださいませ。


南九州ツーリングレポート 第2章 1項 別府到着編

みなさんこんばんは。
という事で、朝5:30に船内放送で起こされます・・・・
「なんでこんな朝早くから起こすんじゃ!」ってぼやいても仕方が無いので、ベットでうとうとしてました。
6時からレストランで朝食バフェがあるのですが、今回は下船後にマクドで経路の検討を行いたかったので、朝食はあきらめました。
そして、再度うとうと・・・・
なんと、下船30分前になっていました。
プロテクションウエアーに着替えるつもりでしたので、大急ぎで着替えて荷物をまとめて甲板に下りました。


下船の動画ですごらんください。



マクドは何時ものソーセージエッグマフィンを食べながら検討中です。


結果、湯布院→九重→阿蘇→熊本を経由して鹿児島へ抜けることににました。


続きは続編でごらんいただきます。